ホーム > 催物案内 > 協賛・後援・その他イベント

協賛・後援・その他イベント

現在開催中のイベントはありません。

第26回構造接着シンポジウム「構造・機能接着における評価、解析技術

近年、自動車や航空機、船舶、並びに鉄道車両などへの、構造接着技術の適用が進んでいます。その背景には、エネルギ一節約に大きく関わる軽量化の必要性が存在します。従来から構造部材は金属が主体ですが、最近ではアルミニウムやマグネシウム合金、更にはエンジニアリングプラスチックや複合材料等の使用が進みつつあり、幅広い分野に広がりを見せています。また、異種材料が接合可能な接着工法が見直されつつあります。
一方、 電気・電子部品や精密産業においては、隙間の充填接着や微細部品の接着、 更には仮固定など、精密機能を要求する接着が注目を集めています。

今回の構造接着シンポジウムでは「構造・機能接着における評価、解析技術」をテーマとして、6題の講演を企画しました。講師は、その道の最前線でご活躍の方々にお願いしています。質疑応答にも十分な時間を取り、 活発なシンポジウムにしたいと思います。

主 催:(一社)日本接着学会構造接着委員会
講演申込締切 平成29年10 月 31 日(火)
開催期日 平成29年11 月14 日(火)

詳しくはこちら

第9回日本複合材料会議(JCCM-9)講演募集

日本複合材料会議(JCCM)は,『日本を代表する複合材料に関する会議』の設立を目的に,材料・構造の複合化と機能化に関するシンポジウム「JCOM」を発展,継承させる形で発足しました.平成22年3月の京都での開催を第1回とし,今回はその第9回目の開催にあたります.また母体となる日本材料学会,日本複合材料学会のシンポジウムとしては,それぞれJCOM-47,JSCM-2018にあたる歴史あるシンポジウムです.これまでにもご好評をいただいております企業展示・技術展示につきましても,より一層の充実を図り,産学官の枠を超えた交流促進を進めます.材料や構造の機能化,知能化,複合化などに関する幅広いテーマについて,最新情報の交換,研究者間の交流,新分野の開拓を目的として,多数の皆様のご発表・ご参加をお待ちしております.

主 催:日本材料学会,日本複合材料学会
講演申込締切 平成29年11月6日(月)
開催期日 平成30年2月28日(水)〜3月2日(金)

詳しくはこちら

「第52回繊維学会紙パルプシンポジウムのご案内」

高度な情報通信技術(ICT)がさらに豊かな超スマート社会(Society5.0)を作り出していく時代を迎えています。そのような社会を支える紙製品や製紙産業の現代技術をつぶさに紹介し、現在の姿から紙パルプの未来を考えるシンポジウムを企画しました。紙(板紙含まず)の生産量が過去最高となった2007年と比較し、従来の主要な紙製品である印刷用紙は、2016年には30.6%減、新聞巻取紙で23.6%減となっているのに対し、情報媒体ではない衛生用紙は2.3%増、包装が主要な用途である板紙は4.2%減に抑えられています。品種別では包装用紙や衛生用紙へのシフトが見られるようです。このような製品は素材を生かして豊かな生活を支えています。今回は、ヘルスケアやティッシュなどの繊維生活資材、またそれらの繊維原料を再生利用する技術、多数の機能を持つラベル及びシールを活用したビジネス展開、これらの新機能を作り出す薬品の最新動向についてお話し頂きます。さらに紙製品のシフトに関連し、同じ抄紙機を利用して別品種の紙を作る場合のノーハウ、木質のエネルギー利用の今後の事業継続性についてもご講演頂きます。

主 催:(一社)繊維学会 紙パルプ研究委員会
日 時:平成29年11月22日(水) 9:30〜16:50

詳しくはこちら

→過去の協賛・後援・その他イベント